肩こり ハリ 

肩のハリが酷く怠い


子どもの世話と家事に追われ、腕を使うことが多いのですがそうしていると週の中ごろに肩がパンパンになります。それによって家事が疎かになり、食事が惣菜になったり掃除も水回りをすることが億劫になります。掃除機掛けが一番辛くなるので、1週間の内に掃除機をかけるのが2回程度になることも多く、家族に申し訳なく思い気持ちも下がってしまいます。週の後半になるともっと肩のハリが酷くなり、それに伴い体が怠く1日家事ができなくなる。肩のハリが酷くなると同時に肩甲骨も痛くなり益々怠さが出てくる。いつも肩のこりと同時に肩甲骨周りも痛くなるので、何か関係があると思っているのですが、具体的にどういった方法でそのコリを治すのか、子育てに追われるなかでどうしたら改善できるのかいつも悩んでいるのですが、答えがみえません。同じ悩みを抱える同年代の友人やママ友達もやはり時間がないことと、改善方法がわからない人が多いのでもう解決しない悩みとして諦めています。

 

育児中の悩みはとても多くあると思うのですが、もう一人欲しいと考えた時に必要になることもあります。それが、葉酸サプリです。
美的ヌーボとララリパブリック葉酸サプリの比較を見て、どちらが合っているのか比較してみることも大切です。
こちらに詳しい比較がありました→http://0523-114.com/

 

高齢出産となると、そもそも妊娠すること自体が難しくなってしまいます。
高齢出産と卵子の老化について少しでも知識をつけておくことで、何か改善出来ることがあるのではないでしょうか。

肩を温める


肩こりの改善方法としてよく言われるのが、血行をよくしてコリを治すと言われていると思います。血行をよくするのには1つは「カイロや温タオル等で肩を温める」方法です。この方法は服の上からカイロを貼り肩を温め血行をよくしてコリを緩和するというものですが、実際試してみて一番コリがよくなったと感じました。もう1つは「濡らしたタオルを肩に乗せ温める」方法です。この方法は滴が落ちない程度に濡らしたタオルを2枚用意し、レンジで温めから肩に乗せ血行をよくしてコリをとるというものですが、この方法は時間がある人には気持ちがよく、ゆっくりと温めることができます。体全体が温まるので肩のコリをほぐすときに最適と言えます。最後は時間のない私がいつも簡易的にやっている方法ですが、手を後ろで組み組んだ状態で上に少しずつ上げていき、自身が気持ちいいと感じるところで止めて20秒くらいしてから離すことをコリを感じたときにすると少しですが楽になります。

関連する記事はこちら